「GLO-02」

「GLO-02」

"GLO-02"

製作日:2011年5月4日 使用ソフト:Corel Painter11、PhotoShopCS2
制作環境:MacPro 2.66GHzデュアルコアXeon ×2、メモリ8GB、ワコムIntuos4 PTK-640、MacOS X Snow Leopard(ver.10.6.8)

講談社版・銃夢LO新装版(正式名称は銃夢LO NewEdition)2巻のカバーのために描き下ろしたイラスト。

(GLO-01から続く)
「新規にイラストを描く」と言うのは簡単だが、実行するのは楽ではない。
僕の場合コミックスのカバーイラストに一週間かかることもザラなわけで、それを10枚描くとなるとなんらかの作戦が必要になる。
今回立てた作戦は、
・1巻ごとに異なるキャラの顔のアップ
・バックは描かない。
というもの。
白地バック・バストアップ構図は雑誌の表紙用イラストとして描くことはあったが、コミックスのカバーイラストとしては初めてとなる。
(GLO-03へ続く)


モチーフはその巻で活躍した重要キャラから選ぶことになる。
2巻目はピング・ウー。
人物の顔のアップの場合、構図は正面か右向きか左向きか、ということになる。
ふつう、向かって左向き45度の顔が描きやすいため、左向きの顔ばかりが並ぶ恐れがある。
それを見越して1巻目のガリィはあえて右向きに描いた。
ピングもラフの段階では右向きに描いたのだが、久しぶりだったため義手(ケイル)を右手だと思って描いてしまった。
バックナンバーを見返して間違いに気付き、あれこれ構図をいじってみたが、どうも具合が悪い。
握った手を描く時、手の甲側から描くか、手のひら側から描くかでは難易度や手間ひまが段違いに変わってくる。
ピングが初期稿の通り向かって右向きだと、左手の義手は手のひら側の折りたたんだ指を描くことになり、面倒くさいことこの上ない。
それにケイルの目を見せることもできない。
結局、無難に左向きに描いた。

製作日
2011/05/04
分類
銃夢LastOrder
サイズ
73KB